あえて自由度を高める①

roboに対して、私はどちらかと言えば管理的な態度で育てて来た方だと思います。小学校一杯は、家でゲームはさせませんでしたし、遊びや学習の時間が何時から何時まで、ということも、全て私の決めた通りにさせて来ました。

それは、やはりroboには自己判断能力もありませんし、ゲームに対して中毒化しやすいことなどが理由でした。また、以前は時間感覚もなかったので、自己管理を本人に任せられる状況ではなかったからです。

しかし、どうでしょう。気付いて見れば、roboもずいぶん変わっていました。時間感覚もずいぶん身に付き、自己判断・自己管理も少しずつ出来るようになり、私はroboに色々なことを任せたり、許したり出来るようになって来ました。

つまり、自己コントロール能力や段取り力・計画性というものが、多少は身について来たroboに対して、今まで通り、管理的な態度で関わることは、ふさわしくないと感じるようになっていたのです。

roboは将来自立して、私の手の及ばない所で暮らして行くわけですから、自己管理が少しでも出来るようになった段階で、あえてroboの生活全般に自由度を高めて、その中で自己コントロール能力を発揮し、自分の生活を組み立てていく練習をさせるべきだと考えました。

ですから、以前は、「家庭学習と宿題が終わったら、テレビやパソコンを観たり、ゲームをしたりする。」というルールを敷いていましたが、最近はそれをわざと崩して、「家庭学習が終わったら、好きなようにしていい。」という風にしてしまいました。

自分で途中、遊びの時間を入れながら宿題もこなして行けるようにトレーニングしようとしているわけです。今のところ、roboはそれでも、自制心をちゃんと働かせて、宿題を時間内に終わらせています。

また、ラインを以前は友達とは不安で出来なかったroboですが、最近はクラスの友達とやり取りするようになりました。しかも、一緒にゲームを離れた場所でやろうと誘われるとやっています。ラインはいつ連絡が来るかわからないし、ゲームの誘いもいつ来るかわかりません。

こういったイレギュラーなことに対応しながら、自分の仕事(宿題や次の日の準備)を進めることは、高い同時処理能力と自己コントロール能力を求められます。将来的には、これ以上のことが、余裕でこなせるようにならなければなりませんから、良いトレーニングになっているように思います。

roboは、何時頃なら宿題が終わるからゲームが出来るよ、と友達にラインを送り、その時間になったら少しゲームに付き合った後、適当なところで切り上げてお風呂に入ったりしています。ラインでの友達とのやり取りを見ても、何とかうまくやれている様子です。

管理的な環境の外圧によって自分を律してもらうのではなく、「緩い環境・誘惑の多い環境でも自分を律する」というトレーニングが、こんなに早くから出来るようになるとは思いませんでしたので、私も驚いているところです109.png


こちらまでニコニコしたくなります☺☺☺
f0395390_12550570.jpg


いつもブログの訪問をありがとうございます🌹

ランキングに参加していますので、ポチッとしていただけると、日々の励みになります🍀
    ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
    ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
[PR]
Commented by suzu62taha88 at 2018-05-15 09:40
robo君ママさんが、robo君が管理するものを厳選し焦点を当てる事で管理能力もあげることができたのでしょう。
いっぺんにやらせるというよりも少しずつできるようになってから次のステップに進ませることで、確実に前に進めるということの証明のようです。
見習いたいところです。

幼稚園や低学年の頃はうちもゲームをやらせない!パソコンをやらせない!という方針でママ友さんたちもfの前ではお子さんたちにやらせないようにしてくださいました。(やらせない理由ができてちょうど良いとのことでした。)

しかし、父親がパソコンのゲームをやって見せてゲームというものを覚えてしまいました。
恨みましたよ、ほんと。

時間の管理ができないまま今に至ります。

robo君はランダムに始まるお友達との時間も上手に調整できるようで、誘惑にも負けないところなど、すごいと思います。

最近は私の周りでも、お子さんがLINEをずっとやっていて、何もできないと嘆いているママさんが多くなりました。
お友達との時間も大切ですが、携帯やパソコンでの時間はあっという間に過ぎ、どこかで規制ができないと大変なことになってしまうようですね。

この時代、便利だけれど、自己管理がしづらい誘惑が多くて一苦労です。
Commented at 2018-05-15 10:23 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by lapinmillemille at 2018-05-15 14:25
こんにちは!

先ほどはコメントをありがとうございました。
同じようにゲームについてかかれていて、驚きました。

やはり、年齢が低い時はできれば与えたくないゲームですが、
大きくなって、自己管理能力が出てきたり、自我が強くなってきたら、
本人に任せる方がいい場合も出てきますよね。

robo君も随分自分で色々な事を、コントロール出来るようになったのですね。
ラインまで使いこなしていて、しかもそれに溺れていない感じですし、立派だと思いました。

robo223さんが今までしっかりと管理をされてきて、
時期を見計らってようやく本人に自由にやらせた結果でしょうね。

管理的な態度で育ててきたと書かれていますし、
厳しく色々な事に取り組ませてきたとおっしゃっていますが、
やはり私には、robo223さんは、厳しいという印象よりも、
息子さんを尊重し、寄り添ってきたというイメージの方が強いですよ。

愛情深くて優しいお母さんって感じです。
Commented by robo_223 at 2018-05-15 16:00
ふぅ君ママさんへ

コメントをありがとうございます。

誘惑の多い時代、自分の行動を自己判断で決定していくことは本当に難しいことだと思います。見習いたい、なんて言っていただき、ありがとうございます。

特にroboにはADHDという診断がついていましたので、ゲーム以外の能動的な楽しみを見つけたり、自分を律する力がついて来てから、自由度を徐々に高めて行った方がいいと思っていました。

同じ考えを持つママ友さんも多いのですが、ご主人がお子さんと一緒にゲームの対戦を楽しみたいために、子供にゲームを勧めてしまうというケースが結構ありました。

ご主人の意向ですから、なかなか反対も出来ず、子供さんがゲームをするようになってしまったとおっしゃっていますので、仕方ないことだと私も思いました。時代の流れなのでしょうね。

最近はeスポーツなどとも言われ、プロのゲーマーが活躍する時代になってもいますから、私も完全にゲームを否定し続けることは現実的ではないな、と思いました。

roboも、どこまで自分の気持ちに折り合いをつけながらやっていけるかと見守って行きたいと思っています。
Commented by robo_223 at 2018-05-15 16:14
鍵コメさんへ

コメントをありがとうございます。

roboは生来の真面目さがあり、むしろ一般的な人よりも自律心が強いのかもしれないと思えて来ました。

主治医にも、アスペルガーの人は自分でルールを決めて、自分を律していく人がいるので、robo君はそういうタイプなのではないか、と言われました。

でも、小さい頃は、全くそのような気配はなかったので、アスペルガーならではの良さを引き出して行くことも、おっしゃる通り、親の関わり方によるのかもしれませんね。何とかいい方向にroboが向かって行ってくれて良かったです。

先生に見ていただくことにされたのですね。きっと有益なアドバイスをいただけると思います。

見ていただきたいポイントは、息子さんの脳のトラブルがどこにあるのか、ということだと思います。例えば、海馬なのか、側頭葉なのか、または、脳のトラブルはなくて、意識障害が主なのか、ということです。

それから、親の関わり方です。もっと本人に期待をした方がいいのか、焦り過ぎているのか、適度なのか、です。

私もこの2点をうかがいたいですー(T_T)
Commented by robo_223 at 2018-05-15 16:41
lapinmillemilleさんへ

コメントをありがとうございます。

今日は、偶然似たタイプの記事になりましたね。不思議ですね。

時代の流れもありますし、自己コントロール能力がある程度ついてくれば、ゲームと上手に付き合うことを教えて行くことも必要だと私は思っています。

特に一般の子と接触する場合は、避けて通れないことですよね。roboは小学校5年生の頃は、息子さんのようには、しっかりしていなかったので、与えることが出来なかっただけです。

まぁ、おかげで小学校6年生まで、友達と外でよく遊んでくれていましたが、河原で遊んだりして、すぐに靴や服がドロドロになって困ってばかりいました。

中学生になって、外遊びの時期が終わってホッとしたくらいです。笑

外遊びは小学校中学年くらいまででもいいかなぁ、と個人的には思います。皆さん、あまり高学年になって外遊びはしていませんよね。息子さんはスカウトがあるので、自然に親しんでらっしゃる方だと思います✨
by robo_223 | 2018-05-15 07:54 | Comments(6)

中学2年生のroboは、アスペルガーです。将来の夢はロボットを作ることです。2Eの特性も考慮して育てる毎日を綴ります。


by robo223