あえて自由度を高める②

昨日はroboが家で過ごす時間に、自由度を高めたということを書かせていただきました。実はそれだけでなく、外で過ごす時間にも自由度を高めています。

roboは2年生になってから、私とではなく友達と一緒に電車に乗って帰って来ることになりました🚃その友達とではないのですが、別の路線を利用している友達の方の駅を利用して寄り道をして帰って来ることもあります。

roboの学校は、近くに駅が三つあって、路線を三つ使うことが出来ます。生徒によって使う駅が違うので、roboは時々、別の駅まで付き合って、土曜日などは、そこで少し遊んでから一緒に電車に乗り、roboは一人乗り換えをして帰って来るのです。

と言っても、せいぜい、いつもより1時間くらい遅れて帰って来るだけです。あまり無菌状態・箱入り息子のまま育って行くより、信頼出来る友達と一緒なら、これくらいの行動を取らせて行った方がいいな、と思っています。ちょっと寄り道をして帰って来ることなど当たり前のことだからです。

こんな風に当たり前のことを当たり前にこなせるようにしていくことも、roboの成長には必要なことだと思います。しかし、たった1年前、1年生の時のroboに対する気持ちとは、全く違うことがとても不思議です。ものすごい変化です106.png



ほうれん草のカレーです🍛
f0395390_13293698.jpg



いつもブログの訪問をありがとうございます🌹

ランキングに参加していますので、ポチッとしていただけると、日々の励みになります🍀
    ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村

    ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村

[PR]
Commented by suzu62taha88 at 2018-05-16 09:10
電車通学の良いところは移動することになれ自信もついて行動範囲が広がるところにあると思います。
そこに至るまでの安心感はママさんの付き添いも大きく関わって成長著しいものになったのだとも思います。

お友達の存在も嬉しいものですね。

fは小学校4.5年の時に毎日の様に連れ出してくれるお友達がいました。

(自分からも誘えばいいのですがそれはfには難しいとして、)誘ってくれるお友達の存在は大きく、とても感謝していました。

robo君のお友達との行動が自律の一角を担うでしょうね。
そういう時間も楽しんでほしいですね。
Commented by robo_223 at 2018-05-16 09:21
ふぅ君ママさんへ

コメントをありがとうございます。

本当に私も電車通学のメリットがわかりました。行動範囲が広がって、自信もつくし、自主性も生まれるんですねぇ。初めは、電車通学なんて大丈夫なのだろうか、と思っていましたが、子供は成長しますね。

誘ってくれる友達がいると、ありがたいですよね。ふぅ君も小学校5・6年の時は毎日誘われていたのですね。中学生になると、皆さん部活や勉強で忙しくなって、なかなか遊べなくなりますよね。

最近は友達との交流がより活発になって来たので、確かにそのおかげで自律が進んでいる気がします。宿泊学習も今から楽しみにしています。
Commented by glow-gen at 2018-05-16 15:52
ロボママさん
ほんとに、いよいよ、意識の障害の本質の改善がどんどんおこってきていますね。
たぶん、彼は、ほんとにかわっていきますね。
私は、感覚過敏について、とても不思議だったので、昨日、S先生にお聞きしてみたのです。そしたら、こんな不思議なことをおっしゃってました。
感覚過敏はね、肉体と霊(意識と言ってもいいと思います)のずれなんだよね。だから、意識がしっかり肉体をおさめてくると治るよ。
まあ、このレベルのことになってくると、目に見える脳とか、肉体とか、そういうことしか肯定しない人たちにとっては、信仰の世界なのかもですが、私は、なるほどと思いました。
聖書の創世期には、
「神である主は、その大地のちりで人を形作り、鼻に命の域を吹き込まれた。それで、人は生きるものとなった。」
と書いてあって、人が、物質だけでは存在できないことを書いてあります。(ちなみに、土の成分と、人の体の成分は同じですから、とても科学的なんですよ。N,Na,K・・・などなど)
意識は、脳とか、肉体とかではなかなか説明できないものだ、というのは、私はすっと入ってきました。そのずれがおこれば、いろんな症状がおこる・・・というのもすごくわかるな~と。
 荒唐無稽に感じる人もいるかもですが、げんちゃんの睡眠障害(寝ている間、なんか、時々、夢遊病者みたいにがばっと起きたりします。)なんかも、そういうげんしょうなんだろうな~と感じます。

つまり、ロボ君の感覚過敏も、意識の障害がほんとに改善しているんだ、と言うことだと思います。

ロボママさんの愛と知恵と忍耐が、良い波動と、プラスのエネルギーを作って、ロボ君がどんどん改善にむかっているのだろうと感じます。
げんちゃんも、あとに続けると信じます。
Commented by robo_223 at 2018-05-16 18:32
げんちゃんママさんへ

コメントをありがとうございます。

S先生の感覚過敏についてのお話しを教えていただき、本当にありがとうございます。私としては、感覚過敏が「肉体と霊のズレ」から起こるということは、よく分かる気がします。

というのは、roboの意識の改善が進む中で、同時に感覚過敏が改善して来たからです。意識の改善と様々なトラブルの改善が同時に起こった印象があります。

興味のないことへの意識の広がり、時間感覚の獲得、実行能力の向上、自己管理能力の向上と共に感覚過敏の改善が起こったわけですから、全てがつながっている気がするのです。

とは言え、やっと少し改善し始めたという感じで、ボンヤリしていることも多いし、出来ないことも多いです。

それでも、変化があったことは明らかなので、改善することはあるのだなぁ、と実感することが出来ました。

一般のお子さんは、これくらいのことを、小学校中学年くらいに出来るようになっていて、その後、さほどの変化もなく中学生になったのだと思いますが、roboの場合は、小学校中学年の頃、赤ちゃんなみの実行能力だったので、ものすごく変化したように感じるのだと思います。

成長率が、一般の子より激しく右肩上がりなんですよね。もちろん、一般の子はスタートが高いから、なかなか追いつきませんが💦

げんちゃんも成長率が高いタイプですから、今後の成長は、robo以上のものが期待出来ると思います。

おっしゃる通り、良い波動やプラスのエネルギーを使えていたらいいな、と思っています。いつも励ましていただき、ありがとうございます。

by robo_223 | 2018-05-16 08:01 | Comments(4)

中学2年生のroboは、アスペルガーです。将来の夢はロボットを作ることです。2Eの特性も考慮して育てる毎日を綴ります。


by robo223