人気ブログランキング |

処理速度が遅い子の問題

roboのWISCのプロフィールによると、他の指数に比べて、作業速度がかなり低いです。作業速度が低いということは、自分の持っている力を発揮しにくいと言われています。そのため、roboは、認知能力に比べて発揮できる学力が低いのではないかと私は考えています。

ところで、作業速度が低い場合、どのような課題があるのかということをとても分かりやすく紹介して下さっている記事が「あーちゃんはmath kid」というあーちゃんママさんの以前のブログにありましたので、紹介したいと思います。


処理速度が苦手な子は…

・視覚的情報をすぐに覚えるのが苦手。
・絵、文字、数字、形などといった視覚的情報を正確に捉え難い。
・視覚と運動機能のコーディネーションに問題がある場合があるため、見て書くなどの処理が遅い。

といった特徴が見られます。そのため、こういった子供達が学業面で見せる問題点として、

リーディングスキル
・字や言葉などの視覚認知やその速度が遅いため、「音読」が困難

ライティングスキル
・文章を作成したり、書いたりが遅かったりスペリングや漢字をよく書き間違える

算数、数学の学習
・算数の記号(+、-、×、÷)など覚えたり、理解し難い
・計算が遅い

自己管理
・整理整頓が苦手
・時間やスケジュールの管理が苦手

と、この様に学校生活や学業の面に影響が現れてきます。

引用は以上になりますが、作業速度が遅い子は学習障害を伴う場合が多いそうです。

ちなみに、作業速度の低い子と作業速度の高い子を車に例えているサイトもありました。作業速度の低い子はエンジンの性能はいいけれど、タイヤが小さ過ぎて、力が発揮できなくて、作業速度の高い子は、エンジンの性能に比して、タイヤが大きいので、実力以上の力を発揮してしまっていて疲れてしまうことがあるということでした。

やはり、認知能力とそれを発揮する能力に凸凹があると、色々な難しさがあるのだな、と思いました。

こういった特性があることを、充分にふまえて、導いていく必要があるのだと思いますが、roboは認知能力のわりには、力を発揮していないから、いつも余裕があるんだな、とわかりました111.png


roboの学校の駅まで迎えに行かなくなったので、最近はスタバにあまり行ってないです☕️
f0395390_07235976.jpg

最後までお読みいただきありがとうございます😌

今週は梅雨らしい毎日になりそうですね☔️心は晴れやかに行きたいですね🌞🍀

Commented by dekobokouk at 2018-06-18 07:41
Robo君を見る限りでは、処理速度の遅さは正直全然感じた事はないのですが、やはりここが低いと学業には影響が出るな、とがっつり処理速度が低い娘を見ていると私もひしひしと感じます。大学にもし進む事があれば大学位からだと、パソコンでライティング部分はカバーできるかもしれませんが、中高はこの辺はうちの子も苦労しそうです。英語のスペルも、間違え易いですし、漢字も誤字が多いです。Robo君も本当に頑張っていますよね。お身体の方はもう大丈夫ですか?どうぞお大事になさって下さいね。
Commented by robo_223 at 2018-06-18 07:56
kちゃんママさんへ

コメントをありがとうございます。

作業速度が遅いと、勉強そのものもはかどらないし、提出物の作成にも手間取りますよね。東大に合格する人は、とにかく作業速度が高いらしいので、作業速度が低いと、いかに学習に不向きかということがわかりますよね。

roboは認知能力のわりに、ずいぶん勉強が苦手なので、なんでかなぁと思っていましたが、仕方ないのだなぁと思うばかりです。

でも、kちゃんは、作業速度が低いとは全く感じられない程、勉強を頑張っていらっしゃいますよね。意識レベルが上がって来たのでしょうね。roboにも見習ってほしいです。
Commented by robo_223 at 2018-06-18 08:00
kちゃんママさんへ

私の体調まで気にかけていただきありがとうございます。

今年は去年より、梅雨がつらいです。泣

更年期もあるのか、梅雨入りしてから、ずっと気分もあまり体調もすぐれません。

早く梅雨が明けてほしいですー!
Commented by suzu62taha88 at 2018-06-18 09:02
これらが当てはまるとしたら、robo君は全てにおいて勉強ができるので、すごい努力をしているのだと感心してしまいます。

いわばエンジン的な能力があるのですから、それを発揮するお時間さえあれば大丈夫なのかもしれませんが、学校の試験など時間が限られていますから大変ですね。

能力が遺憾なく発揮されるという意味でも教育の現場では、試験の時間を長くするとか、問題を少なくして試験の機会を増やすとか、工夫する必要です。

もちろん物理的な環境の整備がなされることは理想ですが、環境的に困難でも着実に知識を蓄えて次につなげることが大切なことだと思います。


そういう意味でも、。robo君の歩みは同じ困難を持つ人にとっても希望であり参考になると思います。

Commented by robo_223 at 2018-06-18 12:30
ふぅ君ママさんへ

コメントをありがとうございます。

作業速度の低い子は、時間がかかるだけでも不利なのですが、目で見た情報を正確に取り込み、それをふまえて確実に作業に落としこむ力も弱いようです。

ですから、一つのことを学ぶ時間も倍くらいかかる上に、学ぶ精度もかなり低いようです。

ですから、これでもroboは努力して成果を出している方だとは思います。でも、やはり限界があって、実力テストなどは、結果がふるいません。

入れる大学があるのかと、今から心配です。せめて、問題数を少なくしたり、時間延長の配慮をしてもらえたら助かります。
Commented by かりんとう at 2018-06-18 12:50 x
いつも参考になる記事をありがとうございます。
まさにうちの子の問題、そのものです。
入試制度改革で、記述が増えると聞き、ますます課題が山積だと思うし、小〜高校の学習や受験は、やはり処理速度の高いお子さん向けのものだなあと感じています。
roboくんは宿題などもしっかり取り組まれていますね。
コツコツ積み上げることが我が家にはできていないことなので、無理のない範囲で書くことにも力を入れていかなければいけないと感じます。
中学受験も、進学校でも中堅校でもない学校を受験する予定なのですが、問題の読み飛ばしやケアレスミスが多いので最後まで油断できないです。
合理的な配慮、日本でも理解が進めばいいと切に願います。
Commented by すもも at 2018-06-18 13:12 x
「言語理解と知覚推理が高くて、ワーキングメモリと処理速度が低い場合は、
ご本人はすごく能力が高いのに、うまく出力できない」という風に、
私の読んだHPも書いてありました。

roboくんを思い浮かべました・・・。
そして毎日ブログを拝見していますが、英単語もそうだし、コツコツ積み上げていらっしゃって、
すごいなぁと感心しています。
今の日本の学力テストの仕組みがよくないのかなぁ~と思っています。

ジロのも見てみました(2年も前ですが)
言語理解と処理速度が標準範囲、ワーキングメモリが高く、知覚推理が低いです。
この場合、本人の表面的学力=本人の学力になるのかなぁ。
でも、ワーキングメモリが高いので、表面的学力が高く出そうですよね。
テストに知識問題はつきものですしね。
少し思考力系の問題だとすぐに解けないです。
ほんと驚くほど、よく考えないといけない問題は苦手です。先が思いやられます。
Commented by robo_223 at 2018-06-18 14:26
かりんとうさんへ

コメントをありがとうございます。

かりんとうさんの息子さんとroboの悩みは、同じですよね。認知能力とそれを発揮する能力にギャップがありすぎて、本人はもどかしいのですよね。

思考や理解はどんどん走っていくのに、技術の方が追いつかないので、苦しいのだと思います。ちなみに、プロフィールを見ると、かりんとうさんの息子さんの方がroboより若干、上と下の開きが大きいので、よりお辛いのではないかと推察しました。

でも、おっしゃる通り、無理のない範囲で書く練習をされた方が、色々な場面に対応できるので、いいですよね。

本当に合理的配慮がもっと世の中に浸透して行ってほしいです。roboは皆と同じ時間でテストをするとケアレスミスだらけになって、とても不利です。

それに、記述式の問題は、字がぐちゃぐちゃで読めないし、誤字脱字が多くて減点だらけになります。

そもそも手書き自体に抵抗感があるので、とても嫌がります。証明問題が大変です。

息子さんは中学受験もあるのですね。気を抜けない状態なんですね。ママさんも無理をされないで下さいね。
Commented by robo_223 at 2018-06-18 14:45
すももさんへ

コメントをありがとうございます。

そうなんですよ。出力が悪いのですよね。勉強させていると、理解は本当に深いし洞察力もありそうなのに、ちっともそれがテストの結果に反映されていないという事実があるんですよね。

roboは、作業速度ほどではありませんが、ワーキングメモリも高くはないので、設問を読んだ先から忘れてしまうようなところがあります。また、一斉指導が入りにくいという特性もあります。

ジロ君はワーキングメモリが高いので、学習には向いているタイプですよね。その力を生かして、英検や漢検に挑んでいるんですね。

ジロ君本人も、ママさん以上に前向きでビックリです。知能検査の数値よりも、バラツキ加減からは色々なことがわかって参考になりますね。
Commented by すみれ at 2018-06-18 15:16 x
衝動性の抑制について教えていただきありがとうございます。
早速取り入れています。数字カードをやる時もなるべく動かないように声かけしていこうと思います。

処理能力、、、まだ息子は年長と幼いので気にしていませんでしたが、これから課題になりそうです。ワーキングメモリも低そうですし(汗)roboくんのように真面目で課題に一生懸命取り組める子になってもらいたいです。
Commented by glow-gen at 2018-06-18 16:11
先日のコメント、ありがとうございました。私が突き抜けたのが最初なのかな?? ロボママさんの分析はいつも的確ですね。

処理スピード・・・ロボ君が遅い、というのは、げんちゃんと比べてしまうので、私もぴんとこないのですが・・・努力でカバーされてるんですね。
げんちゃんは、まさにそこも、とても低いです。おかげで、英語以外のテストは、ほとんど、半分くらいしかやれてないようです。理科は、かなり完成度高かったのですが、少し、問題の出し方が変則だと、すらすらとはいかなかったようですね。ここに関しては、確かに、たくさんの構造的な問題がからんでいると思っています。
空間認知、指先能力、音読力、ワーキングメモリー・・
げんちゃんも、やっと、スタート時点・・・やっと、このあたりを意識して、トレーニングできるとこに来たのかな、という感じです。
習熟もいりますね。すべての力を総動員して、作業していくわけで、総合力、そんな気がしているのですが、車とタイヤのお話を聞くと、そうでもないのかな?と思います。

賢いとされる子は、何でも早いですよね。
でも、ロボ君の成績の良さは、やはりすごいです。
Commented by robo_223 at 2018-06-18 18:17
すみれさんへ

コメントをありがとうございます。

すでにトレーニングを取り入れて下さっているのですね。今から頑張っていらっしゃるので、きっと実を結ぶと思います。

ADHDがある場合、ワーキングメモリや作業速度に課題が出て来やすいようです。でも、子供の時、ADHDだと診断された人の3人に1人が寛解するそうですから、改善する可能性は充分ありますよね。

頑張っていきましょうね!
Commented by ハルノスケ at 2018-06-18 18:34 x
こんにちは(*^^*)
処理速度が遅い子…
まさにうちの子です(^^;;
ワーキングメモリと
処理速度の差が75あって
病院の先生からは4年生になるまで
なんで分からなかったかな?
と言われるほどでした。
お友達と一緒に勉強しても
皆んなと合わせられないということで
5年生になってやっと支援級です。
のんびりできるようになったので
色々と出てくる症状が少しでも
良くなればと思っているところです‼︎
親のサポートも何をすれば良いのかと
まだまだ勉強中です‼︎
roboママさんの記事も本当に参考になってますし、皆さんのコメントからも勉強になります❤︎ありがとうございます❤︎
Commented by robo_223 at 2018-06-18 20:02
げんちゃんママさんへ

コメントをありがとうございます。

発達育児で、私達も色々なことを学ばせてもらっていますよね。私もroboの母親にならなければ、こんなに濃い人生を歩まなかったと思います。

そして、発達障害の子供は高い精神世界を持っていて、高い波長で導かなければ、すぐに堕落してしまう可能性があると思います。ですから、どうしても、導く側の精神世界もステージアップする必要があると私は考えています。

ある程度軌道に乗るまでは、親の方も様々に気持ちを揺さぶられたりと、大変ですが、一旦軌道に乗れれば、たくましく成長していくと思います。げんちゃんは本当に楽しみですよね。

げんちゃんも処理速度の問題がありますよね。これも意識によって、ある程度改善できるものだと思っていますので、引き続き意識に働きかけていくしかないと考えています。

ただし、目の使い方や手の使い方が不器用なために、そちらに気を取られて、意識レベルを引き下げている可能性があると私は考えています。

おっしゃる通り、総合力が必要になってくるのだと思います。

ところで、アインシュタインも計算が苦手だったし、じっくり考えるタイプだったせいで、先生には「のろま」と言われていたようです。

でも、学校では特に処理能力の高さを求められ、処理能力が高いことと賢いことが、ほとんど同義で使われているようなところがありますよね。

それが本当の賢さではない気がしています。
Commented by robo_223 at 2018-06-18 20:20
ハルノスケさんへ

コメントをありがとうございます。

ハルノスケさんの息子さんも処理速度に課題があるのですね。75も開きがあると、そのギャップに混乱してしまうと思います。

4年生まで、よく一般級で頑張っていらっしゃいましたね。能力が低いわけではなくても、むしろ、高い部分があるゆえに苦しいこともあると思います。

ワーキングメモリの高さを生かしながら、じっくり取り組める場所で過ごされるのが、今は一番だと思います。

自信を持たせて上げたいですね。
Commented by glow-gen at 2018-06-19 00:57
何度もすみません。
精神性の高さ・・・ある、と感じるときも多いのですが、今回私がブログで書いたような、すさまじく、ふてぶてしい一面が、ずっと彼にはつきまとっています。
それは、ある意味、強さ、鈍感力でもあるのかもしれません。
しかし、どんなできごとも、ブラックホールの中に吸い込んでいくような、感性の鈍さがあるのです。何か感じたとしても、そこでぶつっと終わる。
今回テストでも、点が悪いと、少し落胆しても、そこで終わり、ひきずることもなければ、何かとつなげることもない・・・根は優しい子だと思いたいのですが、時々とんでもなく、おそろしくなります。
たまにであう発達障害の方の一部の方は、とても自己中に見えることがありますよね。接点が少なく、何か、とてつもなく、自分勝手な見方からものごとをとらえて、全体の視点をもたず、突然逆噴射するかのごとく、一方的に身勝手な主張をしたり、自分は、絶対正しい、という視点で、極端な行動をしたり。普通は、あれ?ほかの見方もあったかな? と、違う視点も考えたりするのですが、見方が、すごく一方的です。
 げんちゃんにその片鱗を感じます。
でも、ロボ君は、お母さんを思いやった言葉をかけたり、自分がどう思う、どう感じる、と常に会話しますよね。
げんちゃんは、それがないんです。テストも終わった時点で、もう、考えない。しかたないでしょ。で終わって、何も次の接点を持たない・・・
 この子がマイナスに走ったときは、ほんとにこわいな~と思います。マイナスに大きくふるか、プラスに大きく振るか・・・その言わんとするところが、とてもわかります。
Commented by robo_223 at 2018-06-19 08:12
げんちゃんママさんへ

コメントをありがとうございます。

もともとは高い精神性の芽を持って生まれていると思います。でも、それを発揮させるためには、やはりベースが必要だと思います。

個性的な絵を描くために、まずは形を教えなければならないように、良いコミュニケーションの形を身につけさせる必要があると思います。それが本当に身に付けば、アドリブや応用をきかせて、一般の人以上に素晴らしい社会活動を行う可能性があると思います。

もちろん、一旦身につけた後も失敗はありますが、一度しっかり身につけた場合は、修正もききやすいです。

げんちゃんは、まだ、発展途上にありますから、途中途中は、未熟な面を大いにさらして、ママを困らせることもあると思います。

roboは最終的に私が突き放さずに、何でも理解し、受け入れてくれるという安心感があるために、素直に話せる部分もあります。

でも、認知のゆがみははなはだしいので、少しでも生意気な態度や口調をしたら、見逃さずに対応します。これくらいは大丈夫と、放置していると、どんどんひどくなるので、ほんの小さな兆しの段階でつぶします。

傲慢で勘違いの大きい人間になってひんしゅくをかい、困るのは本人ですからね!
by robo_223 | 2018-06-18 07:27 | Comments(17)

中学3年生のroboはアスペルガーですが、ギフテッドの特性もあると考えられます。将来の夢はロボットなどの機械を作ることです。roboとの暮らしの中にある喜びや発見を綴っていきたいと思います。


by robo223