昨日より今日、今日より明日

roboが小学校に入学した頃、私はroboの様子を見て、一般級で過ごしても、うまく成長していけるタイプの子ではないと思っていました。

並んでまっすぐ歩けませんし、聴覚過敏ですぐパニックを起こしますし、気に入らないことがあると、癇癪を起こします。もちろん、勉強も一般のお子さんのようには習得できず、文字を覚えるのも、計算を理解するのも、一苦労でした。

ですから、このまま成長していく中では2つの可能性があると思っていました。一つは、ずっとこのままサポートを受けて行く道、もう一つは、サポートを受けないでやって行く道です。

もちろん、サポートを受けて行く道に進む可能性の方が大きいと考えていました。サポートなしで生きていく実力がないのに、社会の荒波にもまれてしまったら、大変なことになってしまうことは目に見えていたからです。

ただし、親子で努力して、一歩一歩前進して、受けるサポートの量を減らしたり、場合によっては、サポートなしでやって行ける人に成長する可能性もないわけではないと思ったので、出来る限りの努力はして行こうと思って取り組んできました。

その結果がどうなるかは、まだ分かりません。しかし、努力したおかげなのか、本当にroboは成長しました。私としては、ずっと個別支援級でお世話になるつもりでいましたし、それがroboには合っていると考えていましたが、先生方に勧めていただき転籍することになってしまったくらいです。

でも、学力面では一般級で充分やって行ける力があっても、メンタル面で一般級に適応しにくいお子さんがいらっしゃいます。roboにしても、そういったお子さんにしても、メリットとデメリットを考慮して、個別支援級の方が圧倒的にメリットの大きいタイプの子の場合は、義務教育の9年間、個別支援級を利用する方が長い目で見た時に、良い成長につなげていける場合があると思います。何しろ、今の日本の公教育はメンタル面も学力面も平均的なお子さんにしか充分には対応仕切れていないからです。(学校によっては、一般級のシステムの方がきめ細やかな学校もありますので、学校によると思いますが😌)

話しを戻しまして、roboは、定期試験の勉強の様子にしても、今回、ずいぶん変化したことを感じます。とにかく、平日1時間の勉強のうち、意識が途切れることがほとんどなくなりました。そうなると、短時間でも、以前よりも効率よく勉強を進められます。

やってもやっても、単語を覚えない、漢字を覚えない、ということもありませんし、ワークの課題はどんどん進みます。試験前なのに、1時間でパッと勉強時間を切り上げても大丈夫と思えるほど、習得出来ている手応えがあります。

そもそも、すでに学校の授業で、ほぼマスターして来るようにもなっているようです。学校の授業時間にも、意識が途切れなくなったのでしょう。

もちろん、一般のお子さんの要領の良さは比べものにならないくらいです。思い返してみれば、私も普段はノー勉で、試験1日前から集中して取り組めば、そこそこの点数を取れていたのでした。

しかし、いつも心掛けたいのは、周囲の子と比べることではなく、昨日より今日、今日より明日、と前進していることを確認し励みにしていくことです。

私も頑張っていますが、roboはもっともっと頑張っていると思いますから、この小さいようで大きい成長をありがたく思っていきたいと思います109.png


チーズケーキをいただきました。
f0395390_13411182.jpg
f0395390_13405305.jpg

いつもブログの訪問をありがとうございます🌹

ランキングに参加していますので、下のバナーをポチッとしていただけるとありがたいです🍀
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

[PR]
Commented by kari at 2018-10-23 20:46 x
roboママさま

いつもお世話になります。
昨日より今日、今日より明日と毎日焦らず少しずつ成長されたご様子が目に浮かびます。これからは自立を目標にした折り返し地点ですね。あと数年でrobo君がどんな大人になられるのか楽しみにしております。

息子は無事に就学前検診が終わりました。お姉ちゃんの時代と比べて、知能テストが格段に難しくなっており、入学前に特性のある子をみつけるためのテストに変わった意味がよくわかりました。一人ひとりにプリントを数枚配られ、名前を書いてください、何ページを開けてください、問題を読んでください、答えを書いてくださいと1年生でも難しい課題の出し方でした。30分もそれが続き、出来なかったお子様の親はすぐに呼び出しがあり就学相談を受けらされます。
私にはお声がけがなかったので、それなりに頑張ってできたのだと推測しています。難しかったとは言っておりましたが。

私たちも息子の診断を受け2年経ったころから、どれだけ頑張っても目に見える成長はゆっくりなので成るようにしかならないと腹をくくりました。そうしましたら息子の可愛い成長や思いがけない行動などがそれまで以上に愛おしく、彼とのお出掛けや行事が心から楽しみとなりました。弟と比べることもたまにはありますが、随分と減り、彼も心から私のことを信頼していることがよくわかるようになりました。
この調子で就学まで続けていけたらと願っています。

Commented by robo_223 at 2018-10-24 07:59
Kariさんへ

コメントをありがとうございます。

Kariさんは、物の見方に柔軟性があり、人の内面の複雑性をきちんと捉えることの出来る方だと思います。「優秀=価値の高いこと」という単純な価値判断にとらわれることなく、人間の多様な魅力に気付き、大切にすることが出来てらっしゃると思います。

そういう方は、発達の子を上手に育てて、結果的に子供の良さをどんどん引き出すことが出来るものだと思います。

実際、Kariさんは、息子さんの良さをどんどん引き出し、可愛らしい魅力を愛して、大切に育ててらっしゃると思います。きっと、息子さんは、順調に成長して行かれると思います。

ご入学まで、あと5ヵ月、充実した時間を過ごして下さいね。
by robo_223 | 2018-10-21 10:01 | Comments(2)

中学2年生のroboは、アスペルガーです。将来の夢はロボットを作ることです。2Eの特性も考慮して育てる毎日を綴ります。


by robo223