読書は旅行だそうです

私がroboに、「読書はroboの趣味だね📖」と言いましたところ、「趣味は趣味でも、旅行だよ。一本の映画を観るみたいに、想像の世界を旅行するんだ。」と言っていました。

私は「なるほどー❗️roboはずいぶん楽しそうに本を読んでいるけれど、それは旅する気分なんだな😊」と思いました。

ところで、世界でもトップレベルの学力を誇るフィンランド🇫🇮の読書指導については、よく話題になりますが、私も本当に見習いたいやり方だなと思います。

夏休みが2ヶ月半もあるのに、宿題は読書だけだったり、学校のカリキュラムに読書の時間があったりします。

その読書の時間がとても良いのは、ゴロゴロ寝転がって読んでもいいし、マンガでもいいという自由さです。寝転がって読むためのソファーや巨大なクッションがあり、マンガも揃えてあるようです。

読書は強制されたり、堅苦しい印象で押し付けてしまうよりも、習慣化するまで、ゆっくりと活字に親しませて上げることが大切だと思います。

「読みたいものを読みたいように読む」という時間を確保して上げることが読書を習慣化する1番の近道のような気がしています。日本人は、あまりにゆとりがなくて、子供も忙しくて、実際ゆっくり本を読んでいる暇もないのではないかと思います。

roboなどは、ゆとりをテーマに中学生活を過ごしているような状態だからこそ、読書をゆっくり楽しんでいられるのだと思います。



星の王子様🤴チョコレートもありました🌠
f0395390_19490792.jpg

いつもブログの訪問をありがとうございます🌹

ランキングに参加していますので、下のバナーをポチッとしていただけるとありがたいです🍀
↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

Commented by sutekinakurashi7 at 2019-02-11 15:58
こんにちは♪
フィンランドの読書指導、素晴らしいですね☆
寝転がって読んでもいいなんて、素敵。
長期のお休みの宿題が読書だけっていうのも┄(^ー^)
日本もそうなればいいのにと、思ってしまいました。

星の王子さまのチョコ、、可愛いですよね❤
 私もお店で見ました。箱も可愛い(*´艸`)
   HIGA
Commented by suzu62taha88 at 2019-02-11 17:18
読書は旅行とは上手いこと言いますねぇ。
それに入り込んで楽しめると充実した時間が過ごせますね。
フィンランドの教育の本を読んだときに心地よかったものです。
人がリラックスすることで学習にも集中できるのですから、それに気づいてある程度の自由さの中で学ばせてあげることも大人の役割なのだと思います。
Commented by りん子 at 2019-02-11 17:24 x
以前からblogを読ませて頂き、勉強させて頂いている、小6発達男子の母です。

突然で申し訳ないんですが、息子のことで、どうしたらいいか、どういう風に導いていけばわからないことがあり、聞いて頂きたくこちらにコメントしてしまいました。

小1の運動会で、小学生の中に幼稚園生がいる!と衝撃を受けた日から、roboママさんやげんママさんのblogも参考にさせていただき、色んなことをやってきました。
今はぱっと見は普通の6年生に見えるところまで成長しました。

ただここにきて、言語の方がまったく成長せず、話をするとびっくりするくらいのぎこちなさ、幼さで、幼稚園の年少さんくらいの感じです。

話し方もお経のような早口で、受け答えも無理、など一言で済まそうとします。
そうなんだ〜とかほんと?のようなまろやかな話し方はできません。

自分の気持ちも、ぼやっと感じてはいるんですが、意識してつかもうとはせず、言葉にもまったくしません。

会話に苦手意識があるので、下ネタで誤魔化したり、揚げ足をとったりして、家族で会話をしていても、白けて無言になってしまうことが多々あります。

この部分が伸びたらだいぶ生きやすくなるんじゃないかと思うんですが、思春期の入り口でもあり、どんなアプローチをしていっていいかわからず、身体だけはどんどん大きくなっていくので焦っています。

なにかヒントを頂けたら嬉しいです。
よろしくお願いします。




Commented by robo_223 at 2019-02-11 19:24
HIGAさんへ

コメントをありがとうございます。

フィンランドの読書指導、素敵ですよね。気づいたら本が好きになっていた、という風に導けるのが理想だなと思います。

星の王子様のチョコレート🍫ご覧になったのですね!可愛いですよね~💕自分用にほしくなっちゃいましたぁ。
Commented by robo_223 at 2019-02-11 19:35
ふぅ君ママさんへ

コメントをありがとうございます。

読書は旅行だと言うので、おっしゃる通りroboは読書にリラックスして入り込んでいるのだな、と思います。本来なら勉強も、リラックスして心から楽しめる方法があるのではないかと私も思います。

学ぶ内容や学ぶペースに自由度があれば、そのようなことが可能なのではないかと思います。

フィンランドの教育の様子を垣間見ると、本当に心地いいですよね。日本の教育とあまりに掛け離れているので、どうしたものかと思うばかりです。
Commented by robo_223 at 2019-02-11 19:52
りん子さんへ

はじめまして。
コメントをありがとうございます。以前からブログを読んで下さっていたなんて嬉しいです。

roboの小学校6年生の頃の会話力を思い出すと、今よりずいぶんたどたどしかったことを思い出しました。

ということは、この2年間でずいぶん変化したということになると思います。

ですから、息子さんも、これから変化する可能性は充分あると思います。

しかし、本人まかせにしていては、充分に良い会話の方法をつかみ切れないと思いますので、やはり一つ一つ教えて上げる必要があると思います。

そう言えば、私もroboが1年生までは色々アドバイスしていたことを思い出しました。

まず、息子さんの場合は、自分の感情をつかみ切れていないとしたら、代わりに言葉にして上げて気付かせて上げる必要があると思います。また、相づちの打ち方、話題の選び方、褒めたり質問して上げることで話題をふくらます方法、などなど、こんな時はこうするといいよ、というパターンを教えて上げて、親との会話で実践出来ていたら、誉めて上げるといいと思います。

だんだん自信がついて来れば、話し方もスムーズになって来て、抑揚がないこともカバーされる部分があると思います。

参考になれば嬉しいです。
Commented by りん子 at 2019-02-11 21:01 x
roboママさん早速の返信ありがとうございました。
roboくんが2年間でぐんと成長したと聞いて、少し安心しました。
たまに書かれている、roboくんの思いやりのある洒落た会話はものすごくレベルが高くて絶対到達できないと思いますが、、、

具体的な方法もありがとうございます!
ひとつひとつ教えてあげて、少し長い目でみてみようと思うようになりました。

小学校までは普通級でがんばっていましたが、だいぶ疲れてきたので、中学は発達のこばかり受け入れている私立に行くことにしました。

これまでの早い流れとは違うゆったりした学校生活になると思うので、地道に会話力を上げていきたいと思います。

ありがとうございました。

Commented by estellany at 2019-02-12 06:00
Roboさんのお言葉素敵ですねー読書は旅するよなもの。娘にそう教えたいです。
Commented by robo_223 at 2019-02-12 07:32
りん子さんへ

返信をありがとうございます。

roboは確かに自分で話す言葉は多彩なんですが、やりとりとなると、やはり微妙にスレ違うところが出て来て違和感があります。

コミュニケーションは、この子達の最も苦手とするところですから、成長はゆっくりですし、ずっと課題は残ると思います。

しかし、働きかけによって、相当改善するのも事実ですから、丁寧に教えて実践させていきたいですよね。

中学からは発達専門の私立に進学されるのですね。安心して過ごせる環境の方が親も子も焦らずにいられますから、トレーニングも進み、会話力もアップすると思います。

いい選択をされたと思います。また成長されて状況が変わってくれば、いくらでも進路は選べると思います。
Commented by robo_223 at 2019-02-12 07:34
estellanyさんへ

コメントをありがとうございます。

roboの言葉を誉めて下さりありがとうございます。とっても嬉しいです。お嬢さんにも伝えてくださるなんて、ありがとうございます😂
by robo_223 | 2019-02-11 10:21 | Comments(10)

中学2年生のroboは、アスペルガーです。将来の夢はロボットを作ることです。2Eの特性も考慮して育てる毎日を綴ります。


by robo223