人気ブログランキング |

何もかも上手く出来なくてもいいと知ることが大切!

昨日の記事で、roboには様々な課題があることを書かせていただいましたが、このような状態の中、より良く生きていくためには、そういう自分であるということを理解しておくことが、大切だと私は思っています。

漠然と「僕は友達付き合いがうまく行かないなぁ。」「僕はみんなより不器用だなぁ。」「僕だけ虫や雷が怖くてつらいなぁ。」などと感じて、不安や失望感をつのらせるより、自分が何に苦手があって、何に得意があるのか、ある程度、理解している方が自分に納得して前向きな気持ちになれるのではないかと考えています。

ですから、「一般の人は、全ての能力が同じくらいで、その人の能力の中で、特別出来ることも特別出来ないこともないけれど、roboのような人は、得意なことと苦手なことがあり、能力が凸凹している。」と伝えています。

具体例として、探究心・想像力・発想力などは凸だけれど、反復学習・人付き合い・書字・球技などが凹だ、などと伝えています。

そして、その中で、最も苦手なことがコミュニケーション・社会性ですから、「人付き合いがうまく行かないのも仕方ないよ、そのわりには、roboは人付き合いを頑張って、周囲とうまくやっている方だと思うよ!頑張っているよ!」と伝えています。

roboも「僕は人付き合いが苦手だって分かってる。でも、僕にしか行けない領域があるからいいんだ!」と言って、自分を納得させようと努力しています。

何もかも上手く出来なくてもいいのだということを知り、その上で自分の出来る努力を重ね、頑張っている自分を認めていけるように導いて行きたいなと思っています110.png


紫陽花の季節が近付いているんですね😌✨
f0395390_07514001.jpg

いつもブログの訪問をありがとうございます🌹


Commented by growup_hana at 2019-05-10 09:12
roboママさん

いつも楽しみに拝読しております。

roboくんは自分を客観的に見ることができて、またそれをよい方向に向けて言葉に紡ぐことができているんですね。roboママさんがかかわり方や声掛けのしかたを具体的にブログに記載くださっているので、せっせ、せっせと参考にさせていただいてます。ありがとうございます。

娘は小4になり、やはりお友達とのかかわりがスムーズに行かない場面もあります。でも、ふつうの子と同じようにできるわけないよね、と常に思えるように私のマインドがようやく変わりつつあります(本当に、ようやく、です)。

とにかく、自分自身の心を安定させながら毎日の学習サポートをがんばりたいと思っています。あと、ずいぶん前にroboママさんが記事にされていた意識を高めるために良いものとして「手作り」も意識して多めになるようチャレンジ中です。
Commented by かりんとう at 2019-05-10 09:21 x
roboママさんこんにちは
roboくんと息子の凸凹が似ているなあと思いながら読ませていただきました。
また、一つ前の記事ですが、我が家の場合は実行機能に大きな凹みがあることも最近見えてきています。
13歳を過ぎて改善していくのか、それともADHDの特性として一生付き合っていくものなのか今はまだ判断できないのですが、もし大人になってもあまり改善されないようなら、特性を自分で認識しつつ、どんな工夫ができるかを自立するまでに一緒に考えていければいいなと感じています。
本当に、なにもかも出来なくてもよいと思いますし、自分の良い部分を知ることで自分らしさに誇りを持って生きていってほしいなと思います。
Commented by robo_223 at 2019-05-10 16:31
ハナちゃんママさんへ

コメントをありがとうございます。

手作りを意識レベルアップのために取り入れていらっしゃるのですね。いつもブログを読んで記事を参考にして下さりありがとうございます。私もハナちゃんママさんの頑張ってらっしゃる姿を励みにさせていただいています。

人付き合いについては、本当に難しい課題になりますよね。そこが何より苦手でありながらも、「出来てほしい→出来るはず→なかなか上手くいかない→がっかり→出来てほしい→出来るはず→なかなか上手くいかない→がっかり…」という無限ループ♻️にはまりやすいです。

しかし、「苦手だよな→上手く行かなくても仕方ない→出来る努力をしよう!→少し上手く行った→嬉しい」というサイクルに変えて行くと、意外と肩の力が抜けるせいもありますし、多くを望まなくなるせいもあるのか、日々穏やかな時間が流れていくように思います。

roboのことも、ほめて下さりありがとうございます。roboがだんだん自分の思いを明確に語ってくれるようになって来てみますと、この方向性で良かったのかもしれないと安堵することが出来るようになって来ました。まだまだ油断は出来ませんが、徐々に安心感も増しています。
Commented by robo_223 at 2019-05-10 17:08
かりんとうさんへ

コメントをありがとうございます。

やはり息子さんもroboと凸凹が似てらっしゃるのですね。roboも中学1年生の頃は実行機能が壊滅的な状態でしたのに、13才になった頃から徐々に改善の兆しが見られるようになって驚きました。

息子さんも、変わって行かれる可能性もありますよね。

IQの記事の時にもコメントを下さったように、まずは凸凹を把握をして、それから苦手をカバーする努力をし、さらに自分の良い部分を生かして行くようにする必要がありますよね。

出来ないことに、あまり執着しているより、おっしゃる通り苦手部分をカバーする努力をし、あとは、主に強みの方にスポットライトを当てて行った方がスムーズに行くのではないかと思います。

息子さんは素敵なところがたくさんありますから、どのように成長されていくか、本当に楽しみですよね!
Commented by m-kumatta at 2019-05-11 08:59
自分を知ること。本当に大事なことだと思います。
にもかかわらず、たいていの人たちはそのことに気づかずに少年時代を過ごしてしまいます。何となく楽しくやっていつの間にか大人になり、ある時突然生きづらさを感じてどうにもならなくなってしまう……。
だから今の段階でrobo君が自分をある程度見つめることができるようになっているのは、とてもすごいことだと思います。そして何より、robo君をそんな風に導いたママさんの対応が素晴らしいです。
Commented by robo_223 at 2019-05-11 13:37
m-kumattaさんへ

コメントをありがとうございます。

確かに多くの人は自分を深く見つめ、自分が何者なのか、などということを考えることもなく大人になり、後になって、生きづらさの壁にぶち当たることになる場合があるのかもしれませんね。

そういう意味では、早くからroboに色々考えさせていることは必要なことなのかもしれませんね。今のことだけでなく、将来にもつながっていることだと気づかせていただきました。

いつも気付きと勇気を与えて下さるコメントをありがとうございます。
by robo_223 | 2019-05-10 07:54 | Comments(6)

中学3年生のroboはアスペルガーですが、ギフテッドの特性もあると考えられます。将来の夢はロボットなどの機械を作ることです。roboとの暮らしの中にある喜びや発見を綴っていきたいと思います。


by robo223