人気ブログランキング |

願いを手放すということ

昨日の記事に一旦願いを手放すことについて書かせていただきましたが、私は経験上、強く願い過ぎている時は、その願いは叶わず、願いを手放した時にふと願いが叶うという場合が多いように感じています。

roboのことについても、roboの障害が大きく改善することを願いつつも、人間の脳など、そう簡単に変化するものではないからと、半ばあきらめの気持ちを抱きながら、「後で後悔のないように、親としてやれるだけのことをやろう!」と思って改善に取り組んで来ました。

すると、少しずつではありますが、願いが叶って来た部分があったのです。

それで、私は昨日の記事を書いた後に、こういったことは、よくあることなのかもしれないと思い、色々調べてみましたところ、やはり、これは当たり前によくあることのようでした。

そして、執着を手放し、「叶わないなら、叶わなくて良い!」と思うと次のようなメリットがあると書かれていました。

・何かに執着していると、それが叶わない場合、不安・不満・イライラ・心配などのネガティブな感情が湧いて来ますが、その感情がなくなると、表情が明るくなり前向きになる。

・前向きなエネルギーが幸運を呼び寄せることになる。

・様々な角度からモノを見ることで、願いが叶うための道も見つけられるようになる。

・肩から力が抜けて、実力を発揮しやすくなる。


そして、どうしても執着を手放せない場合、どうしたら執着を手放せるか、紹介されていました。

・とことん執着して、こだわることに疲れて面倒くさくなる。

・あきらめないけれど、「まっ、いっか。」と思うようにする。

・別の趣味や仕事を持ち、他のことにこだわる。


とは言え、願わなければ、願いは叶わないので、願うことは大切のようです。しかし、軽やかに願うということが大切なようですから、私も願いが重くなり過ぎないように気をつけて、軽やかに生きていきたいと思いました110.png



ガラスのカップにミルクティが😌
f0395390_16222376.jpg
シックな店内が素敵でした。
f0395390_16233648.jpg


いつもブログの訪問をありがとうございます🌹

ランキングに参加していますので、下のバナーをポチッとしていただけるとありがたいです🍀
  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ







Commented by glow-gen at 2019-06-22 14:08
ご主人のことうるっとなりますね~。なんかすごく仲よしファミリーですね。ロボ君の成長にもそれがすごく影響していますね。

ロボ君は、できることがしっかりもどらないと書いてありましたが、げんちゃんは、無意識でもできる習慣化されていることでも、どかっと落ちるときもあります。
でも、しっかり定着したことはやはりもどりにくいですね。
 でも、意識が入らない時と入るときのギャップが大きくて、つながりを付けることに関しては、ゼロに近いまでに落ちます。
 気持ちを入れよう。僕はこれではだめだ。というモチベーションを、最近少しはつけてくれているようで、たまに良いコンディションも出ます。それを伸ばしていかねば、と思います。
 ロボ君は、モチベーションがしっかりあることが強みですよね。いつも思うけど。

 ところで、ここで書いておられることで、願いについて、ですが、
 手放すのは、願いではなく、「こだわり、執着」かもですね。

純粋な願いは、神に届くけれど、執着は、悪魔の餌食ですもの!

 でも、時に、しつこいほどの願い、というのも、神が憐れむことがあります。それと、神の栄光になる願いは、神も大賛成。

このあたりの違いは、ちょっとむつかしいですね。
 ロボママさんは、執着はないけど、心から出る願いがあるんだと思いますよ。

それは、神がかなえますから。

私は、神様が絶対面白い才能と、結果を用意しているだろうという、神様への信頼と期待・・・・そういう意味で、げんちゃんへの期待は大きいです。

希望できない時も希望しています。

執着になると、苦しいですよね~。
だめなら、それは、神様の責任です。私はやれるだけのことはやった。あとはあなたでしょ。
それだけ言い放つだけのことを、私はしてきた自信があります。もうこれ以上はできないよ! 笑
でも、やらなければ、神様にすごめないから・・・・これからもやり続けるかな。
Commented by robo_223 at 2019-06-22 16:55
げんちゃんママさんへ

コメントをありがとうございます。

ママさんがおっしゃる通りのことが、確かに書かれていました。願いを手放すというのは、「強く願った後に、一旦願いを忘れる」という方法がオススメのようです。たぶん、一瞬強く願うのは大切なことですが、その思いがずっと続くと、執着やこだわりに変わってしまって悪魔を住まわせてしまうのではないでしょうか。

それから、とても良いのは、願いを叶えるために最大限の努力はするけれど、結果は神様のような大いなる存在にゆだねることのようでした。げんちゃんママさんがなさっている通りだと思います。

私もそのような気持ちです。人間をどのように生かすかは、私達の決められることではないので、後はお任せするという謙虚な気持ちでいることが必要なのかなと思います。人間が人間を何でも思い通りに変えることが出来ると思うことは、一種の慢心だと思うからです。

げんちゃんはまだ意識の入り方にムラがあるようですね。roboは、最近やっと安定して来たように思います。それでも、まだ100%ではありませんが。

小学生の頃は自力で発揮できる力は30%ぐらいでしたが、今は50%ぐらいにアップして来ているように思います。でも、50%ですから、本当にまだまだです。

げんちゃんは、もしかしたら、20~30%ぐらいしか本来の力を自力で発揮出来ていないかもしれませんね。国語のテストの取り組み方などによると。

一つの節目は、50%かなと思っていますが、それでも、まだ道半ばですからね。長い道のりですね。

主人もrobo同様、私に哀れを誘って来るので、どうやら、roboの性格は父親似のようです。また次の10年は私の母の介護かなと思っています。姉も弟も面倒見れないと思いますんで。

Commented by m-kumatta at 2019-06-22 18:16
同感です。
手放すことは人間、いや生命全ての本質だと私も考えています。
手放すために生きていると言うと、何だか冷たい言い方に聞こえるかもしれませんが。
やれること(やりたいこと)はきちんとやるけど、その先に起こることには縛られないという姿勢こそが、私たちに心の安定と幸福感をもたらしてくれるのだと思います。
Commented by robo_223 at 2019-06-22 18:38
m-kumattaさんへ

コメントをありがとうございます。

何にせよ、手放すことは大切なんですね。それが、心の安定と幸福感につながるものなのですね。

また、結果に縛られることは、心の自由を失うことでもあると気づかせていただきました。
Commented by suzu62taha88 at 2019-06-23 12:05
無責任に語るのは不謹慎ですが、不妊治療中の方が諦めて通院するのを辞めたらお子さんを授かったということを何度か耳にしました。

上の子のママともには数人いらして、年の離れた兄弟が数組いらっしゃいます。

妊娠の場合は、そうとは限らないので、可能性として捉えますが、子供の成長は特に思いもしないことができるようになったりもしますし、精神的に追い詰められないラフな考え方でいるのが功を奏すのかもしれないですね。

今、うちは期待も何も捨てているのであとが怖いと思ってしまいますが、その中にもきっと成長もあろうと期待したいです。
Commented by robo_223 at 2019-06-23 16:41
ふぅ君ママさんへ

コメントをありがとうございます。

妊娠については、本当によくそのようなことがありますよね。あきらめることで、リラックスして着床がスムーズに行くということがあるらしいです。

同じように、様々なことにおいて、ラフな考え方でいることが功をす場合があるように思います。

気持ちの安定を最優先にされているので、ふぅ君には、成長がきっとおありだと思います。
by robo_223 | 2019-06-22 07:51 | Comments(6)

中学3年生のroboはアスペルガーですが、ギフテッドの特性もあると考えられます。将来の夢はロボットなどの機械を作ることです。roboとの暮らしの中にある喜びや発見を綴っていきたいと思います。


by robo223