人気ブログランキング |

特待生への期待がヤル気スイッチ?

roboが高等部の特待生に選ばれたことが分かった翌日、私が仕事から帰って来てみると、テーブルの上に棚にしまってあったはずの数検のドリルが出ていました。

roboに聞いてみると、もうすぐ数検なので、ドリルをどれくらいやり残しているか確認していたということです。

皆さんは驚かれるかもしれませんが、roboが自分でドリルを取り出してページを開いたのは、これが初めてなのです。あらかじめ「このページをやっておきなさい!」と言っておいたページを開くことはあっても自主的にドリルの進捗状況を確認するためにページを開いたのは、これが初めてでした。

それだけではなく、ドリルをやっていても間違いは少ないし、私にサプライズで先のページまで進めておいたりしていました。

驚いた私が「いったいどうしたの?」と聞きましたところ、特待生に選ばれたことで、使命感を感じているのだそうです。特待生は学校に「学業面で頑張ること」を期待されているというのです。

roboの場合、自分の興味があることは自主的に取り組みますが、「誰かに勝ちたい!」とか「自分のためになる」などということは、大した動機にはなりません。

でも、「誰かに期待されている」とか「誰かのためになる」ということは動機になりやすいのかもしれません。

今のところ、特待が決まった日からは、その意識が続いているのですが、これはいつまで続くのかなぁと思っています。

しかし、使命感がroboのヤル気スイッチになるらしいことが1つ分かったことは良かったです。ということは、例えば仕事などでも、使命感や責任感を感じればroboは結構、頑張れるのかもしれないと思ったからです110.png



コーヒーをいただきました☕️
特待生への期待がヤル気スイッチ?_f0395390_15513077.jpg

いつもブログの訪問をありがとうございます🌹

ランキングに参加していますので、下のバナーをポチッとしていただけるとありがたいです🍀
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ




by robo_223 | 2020-01-13 06:30 | Comments(0)

中学3年生のroboはアスペルガーですが、ギフテッドの特性もあると考えられます。将来の夢はロボットなどの機械を作ることです。roboとの暮らしの中にある喜びや発見を綴っていきたいと思います。


by robo223