人気ブログランキング |

やっぱり、なんか違うrobo

roboは週に1回スイミングに通っています🏊‍♂️いつもは家の真ん前に迎えに来るスクールバスに乗って1人で通っていますが、時々私はスイミングスクールのあるショッピングモールまで仕事の後、迎えに行きます。

先日私がroboを迎えに行くと、roboがスイミングのショルダーバッグだけでなく、リュックを背負っていました。

どうしたのか尋ねてみると、仲のいい友達から、スイミングに行く直前に「宿題のプリントを学校に忘れたので、画像をラインで送ってほしい!」と言われて、その時は時間がなかったので、リュックにプリントを入れて持って来たのだそうです。

その日、私とroboはショッピングモールのレストランで食事をする約束をしていたので、家に帰ってからプリントの画像を送るのでは、遅いと思ったようです。

大したことではないのかもしれませんが、roboがこんな機転をきかせることが出来るようになっていたなんて、驚きました。しかも、友達のために、です。

roboが画像を送ると、友達はroboに「ありがとぉぉぉぉぉー!」とラインを送って来てくれていました。いつもroboに優しくしてくれる友達ですから、恩返しが出来て良かったです。

最近のroboは、やっぱり、なんか違うー❗️という感じです。

roboの成長を感じると、ただの親バカか勘違いなのかと、いつも思うのですが、周囲からの評価も、同じく変わって来ているので、やっぱり事実なのだと思います。

小学校の途中までは、本当に宿題の存在にすら気付いていなかったのですから、不思議としか言いようがありません116.png



ふわふわのティラミスでした😆
やっぱり、なんか違うrobo_f0395390_18542694.jpg
やっぱり、なんか違うrobo_f0395390_18551596.jpg

いつもブログの訪問をありがとうございます🌹

ランキングに参加していますので、下のバナーをポチッとしていただけるとありがたいです🍀
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

Commented by glow-gen at 2020-01-17 08:23
いやー。わかります。わかります。これ、できませんよねー。
普通の人に言っても、それ、感動するポイント?と言われそうなとこてすよね。

げんちゃんなどは、そういう高度なことは、まだまだでしょうが、脱衣場に顔洗いにいくんだったら、そこにある引き出しから、靴下もってこよう。
とか、ほんとに、ささいなことが、到達目標ですから。
 ルーティンになるとできるけど、あらたにアレンジできません。
いまだに、靴下、とか、言われてます。

 あ
そして、あたりまえのことが、あたりまえにてきるだけで、ほめられたりしやすいので、そこは、注意のげんちゃん。

げんちゃんの場合、できても、こんなことは、とるにたらないあたりまえのこと、というのも、いれてやらねばなりません。

発達の大人の人で、よく、上から意見する人がいるのも、自分が、そういうことを、克服したことへの、過剰な達成感があったりするからだ、とsさんに教えて貰ったことがありますが、最近、なるほどなーって、納得してます。
 普通の人には、わざわざ、とりあげるほどのことではなかったりするんです。

でも、そこがてきない。ロボ君も、さらっとで
きはじめてますよねー。
Commented by ミント at 2020-01-17 08:30 x
こう言う記事、激しく同感します。出来ない期間が長過ぎて、それが周囲に比べて2、3年遅れならともかく、酷いと10年位遅かったりすると、もう出来ない事の印象が強すぎて、変化を見付けても簡単にその印象を上書き出来ないんですよね。なので毎日発見があって、その発見を積み重ねて、一定の期間が過ぎてやっと認められるんですよね。

小さな時、歩くのが他の子より2ヶ月位遅かったのですが、その時は歩き出せば皆より遅くても同じだなと思ったのですが、それがもし10年遅かったら、歩き出してもまた歩けなくなるんじゃないかと思うと思います。出来なかった期間に応じて出来る様になったのを認めるのにも時間が掛かるんですよね。

「やっぱり、なんか違う」と、私も毎日思って過ごしています。笑
Commented by kari at 2020-01-17 21:45 x
roboママ様

今年も楽しく読ませて頂いています。
いつも有難うございます。
私も息子の成長を驚く時は、人との関わり方が上手くなった瞬間に感じることが多いです。
最近は少し足踏み状態です。周りの1年生の成長が凄すぎて。
来年1年生に入る年下の子と何をして遊んであげようか計画していると聞いてびっくり。
4月からは息子は自分が年上になること、そんなことわかっているのかな。
可愛がってくれた6年生のお兄さん、お姉さんが卒業することも理解しているのかな?

以前からの課題の1つにテンションの高い時、楽しすぎるとき、発表するとき、大声で怒鳴るように話すので、
声量が場面によって適していくことを教えています。ゆっくりはっきり適した声量で。
息子は声が大きいことは有名らしく、全校集会の発表で最後の最後に挨拶をして締めくくる役を推薦されました。
緊張するとこれまた早口です。robo君は明瞭に話されていましたか?

Commented by robo_223 at 2020-01-18 07:08
げんちゃんママさんへ

コメントをありがとうございます。

roboも興味のあること以外はルーティンでしか出来ないという感じです。それが、興味のないことも自分で気付いてアレンジが出来るようになって来たので、へぇー、やるじゃん!と思いました。

ついでに何かをするなんてことは、当たり前のことですが、なかなか難しい子達ですよね。逆に出来た時の喜びは大きいのですが。

roboの場合も、段取りや計画性の部分に苦手があるので、だんだん出来るようになって来ると嬉しいです。実行機能不全が最大の課題なので。

高圧的に話す発達の人っていますよね。このような尊大型の人は、S先生がおっしゃるように当たり前のことが出来るようになっただけなのに、勘違いがあるのかもしれませんね。

出来たら出来たで勘違いが発生するのですから、本当に気が抜けませんね。
Commented by robo_223 at 2020-01-18 07:16
ミントさんへ

コメントをありがとうございます。

激しく同感して下さったのですね!おっしゃる通り、以前の印象が強すぎてイメージを上書き出来ないのですよねぇ。

今回のように興味のないことに機転をきかせるなんてことは、長い間なかったことですし、学校である程度なんでも問題なくこなせるようなったことも、今だに信じらるない状況です。

何にも出来なくて可哀想な子、私が面倒見て上げなきゃダメ、というスタンスがなかなか崩せずにいるのですが、幸いなことに、私が仕事を始めたせいで、手が回らなくなったために、本人に任せることが多くなって、必然的に本人の実態に合った接し方になっているような気がします。

なんか違うー!と混乱気味の私です。
Commented by robo_223 at 2020-01-18 07:27
Kariさんへ

コメントをありがとうございます。

いつもブログを読んでいただきありがたいです。大したことも書けていないので、時々読んで下さる方に申し訳なく思うのですが、楽しく感じていただいてるなんて本当に嬉しいです。

息子さんは対人面の伸びが素晴らしいですね。学校の学年というシステムもよく理解していて、下の学年になる子に対して思いやりまであって、本当に素敵なお子さんだと思います。

声量については、roboもボリュームのコントロールが苦手で困っていました。最近やっと少しは場面に応じて調節出来るようになって来ましたが、やはり緊張している時などは素が出てしまって声が大き過ぎてしまったりします。

roboの場合、早口や発語障害はないです。むしろ小学校1年生の頃は対人面が苦手で会話もイマイチ成立していませんでした。

今じゃ言葉で相手を圧倒するくらいになっているので、不思議です。息子さんも中学生くらいには見違える程、成長していると思いますよ。
by robo_223 | 2020-01-17 07:33 | Comments(6)

中学3年生のroboはアスペルガーですが、ギフテッドの特性もあると考えられます。将来の夢はロボットなどの機械を作ることです。roboとの暮らしの中にある喜びや発見を綴っていきたいと思います。


by robo223