人気ブログランキング |

今を良くする努力と未来を良くする努力

ギフテッドや発達障害など特性のある子の子育てをしていると、公的機関や公立の学校などに不充分さを感じることが度々です。

諸外国に比べて日本の支援は貧しく、私達は多大な不利益を被っていると感じることがあるかもしれません。私も常々SEMのようなギフテッドから発達障害、定型発達の子まで、その個性が生かされる教育実践のある公立学校を設立出来ればなと思ったりしています。

しかし、現状を今すぐ変えることは不可能に近いと思います。時代は少しずつ少しずつ良い方向に変わって行っていますし、変えて行く努力も必要だと思いますが、やはり、現状をふまえて、それに応じた対策を取ることも大切だと思います。

その場合、社会自体が理想的な状態にあるわけではありませんので、何をどうしても、子供本人の現状に全て合致した理想の環境を見つけることは難しいと思います。

しかし、この日本にも良い面がないわけではありません。例えば、サポート校など高校からは良い学校が色々あります。私立の学校と塾に通わせようとすると、莫大な費用が必要になりますが、サポート校は塾の機能も備えているところもあるので、私などは、いざとなったらサポート校しかないと思って、すでに目星はつけています🌟✨

また、アメリカなどに比べると日本は数学の進みが早く内容も難しいので、日本の通常の授業でもアメリカのギフテッド・プログラム並みだと言われることもあります。そして、先取り学習をしている学校などではかなりの早修になっているため、欧米で困ってらっしゃる数学のギフテッドのお子さんにとっては日本の方が適している場合もあると思います。

学習面以外で困っている場合は、習い事が充実している日本では、習い事によって拡充教育を行うことも出来る場合があると思います。

つまり、絶対に通常の学校という枠の中で全てをまかないたい!という固定観念に縛られず、創造的に子供の教育環境を整えて行こうと思えば、日本ほど様々なオプションが用意されている国も珍しいのかもしれません。

親の方も頭を柔軟にして、子供の教育環境をコーディネートして行く必要があると思います。学校に全てを求めることは現状では難しいので、オンラインスクールを選択したり、発達障害がある場合は私立や公立の発達障害専門の学校を視野に入れることも良いと思います。

昨年はroboの発達障害の友達が全員第一志望校に合格しました。年内に次から次へと合格の知らせが舞い込みました。親御さん方はここに到るまでに悩みに悩み続けました。しかし、今ある教育資源の中からより良いものを選び、不足している部分は知恵を使って補っています。

現状を嘆いてばかりでも仕方ありませんし、憂えている間に子供達はどんどん成長して行きますので、時期を捉えてなるべくベストに近い教育環境を整えて上げることが出来るといいなと思います。




コーヒー・ブレイクです☕️
今を良くする努力と未来を良くする努力_f0395390_11153607.jpg

いつもブログの訪問をありがとうございます🌹

ランキングに参加していますので、下のバナーをポチッとしていただけるとありがたいです🍀
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ

Commented by glow-gen at 2020-02-14 21:08
高校進学が近づきましたね~。
日本は、遅れていると言っても、私が若い時に比べたら、ほんとに、選択肢が増えていますよね。
先日見学に行った二つの学校を見ただけで、私はほんとにびっくりしてしまいましたもの~。

今は、自由にさせるような学校の方が増えていますが、枠を外すことだけが良い教育ではないな、と思っています。
心の大切な部分、モラルとか、思いやりとか親切とか、礼儀とか・・・そういう枠は、私はしっかり作ってほしいな~と思います。ネットネイティブと言われる世代の子たちは、最初からすべてがお手軽です。
 その中で、しっかり大切な枠を自分の中に作るのはとても難しいことだと思います。
 そこについては、どんな学校を選んでも、親がしっかりつけるしかないな・・と思いますし、様々な実体験がなければつかないものでもあります。

 学校選びをアップしたら、お友達からも反響があって、みなさんの関心が高いことがわかりました。

 わたしも準備はしないといけないので、色々調べようと思いますが、基本的に学校など、ある意味、どうでもいいと思っているところがあります。
 とにかく、げんちゃんがほんとにちゃんとした人間になったら、そこからいくらでも学校選びをしたらいいや、って感じで、今は、流れができたところ、門が開いたところが行くとこかな、と思います。

 Sさんなどは、あまりにおおちゃくに、気持ちをいれようとしないのなら、一度、作業所に入れて、これはいけない、と思わせて、それから、自分で高校に行くようにがんばらせたら、なんて、言います。
 まあ、げんちゃんは、そんなことをしたら、最初はやばい、と思うかもですが、すぐに、あ、これもいいか~なんて、順応しそうなところがこわいですよ~。

 選択肢には、アルバイトとホームスクールなんてのもあります。笑
アルバイトできたら、高校よりすごいかもですね~。

ま、なるようになるでしょう・・・ちょっとおもしろがっている自分がいます。
Commented by robo_223 at 2020-02-15 07:40
げんちゃんママさんへ

コメントをありがとうございます。

私もげんちゃんママさんと同じように思っています。学校なんて、ある意味どうでもいいですよね。学校が子供を全面的に育ててくれることはあり得ないですからね。やはり親がどういうスタンスで子供と向き合い導くかで、ほとんどの部分が決まってしまうと思います。

自由でお手軽さがもてはやされる世の中にあって、子供の芯の部分をきちんと育てて上げることは、どの子にも大切なことですよね。

でも、皆さんにとっては学校選びは気になるところですよね。私も色々な学校を紹介したり、学校に提出する書類に書く文章を一緒に考えたりしましたので、一緒に受験したみたいな気分でした。

縁のある学校が1番の学校だと思います。開けた門に入って行けばいいだけだと思います。roboもそのようにして、3年後には学校に喜んで迎え入れていただける子になりましたので、やはり、いい縁だったと思います。
Commented by suzu62taha88 at 2020-02-15 11:08
私自身、ギフテッド教育はどんな教育なのか、実際どうしたらいいのかというのがわかっていません。
なので漠然とした希望は、発達障害やギフテッドなど特別な特性を理解していただくことが一番で、普通の教育環境で友達とふれあい経験していくことで育っていってほしいだけです。
手が足りないでしょうが(^_-)それは教育する方の問題でそこも改革が必要なところですね。

もちろん、学校ばかりが能ではなく行かない選択もありますね。 

学校でも家庭でも、その子の魅力を引き出す子育て&教育ができたらいいと思います。

おっしゃるように日本は様々な習い事があります。
(これ⇩は全世界でしょうが)料金のかからないネットの授業、またそれらに準ずる動画もあります。

能力は学校以外で伸ばせると思います。

行き着くところ、ギフテッド教育は家庭で、と思うところが私にはあります。
学校では、いじめや差別を経験させるというその子の精神を打ちのめすようなことがなければそれでいいなあと思います。

親はサポートしますが、本人がしっかりと自律していくことで自分を教育していけるといいのですが、うちの場合、なかなか時間が掛かりそうです。💦
Commented by robo_223 at 2020-02-15 17:08
ふぅ君ママさんへ

コメントをありがとうございます。

もちろん、どの方も普通の学校で子供が育って行くことを、まずは望むと思います。学校にギフテッドや発達障害など特性への理解が充分にあり、個性の強い子達がいじめに合ったり心が傷つけられたりせずに通えるようになるのが理想だと思います。

しかし、現状では全ての学校では、それが実現できていない状態なので、どの時点で親が難しさに気付いて独自の道を進む決断をするかによって、子供の未来がスムーズに行くかどうかが決まって来る場合も多いと思います。

早い段階で普通の学校に見切りをつけて、柔軟な教育環境を選択した場合、早くも高校や大学の時点で、魅力が引き出されて来ている場合が意外と多いように思います。

一方で、いつまでも普通にこだわり続けて、状態がこじれている場合もあります。特別な子達は一般的な環境になじめないこともあるからです。

しかし、時代は徐々に変わって行っていますので、未来においては、普通の枠がもっともっと広がっているかもしれませんね。

roboのような個性的な子を一般的な学校に通わせることで、こういう子にも良いところや魅力があるんだと知っていただければなと思っています。風変わりだけれど、クラスの一員として認めていただき、個性的な子でも周囲が少しの想像力を働かせ、思いやりを持って接すれば、さほど問題なく一緒にやって行けるんだということを先生方には特にご理解いただけたら嬉しいです。roboには、そういう使命があるのではないかと勝手に考えています。

私は逆に普通の学校や普通の職場などということにこだわりがあまりなく、普通よりも本人が幸せでいることが1番大切だと思っています。それなのに、どういうわけか普通の環境に身を置かせることになったのは、きっと、そういう使命があるからなのかなと思っています。

小学校の時は、roboが初めて支援級から転籍した例となりましたし、こういう子の可能性を示して行くことが出来ればなと思っています。
by robo_223 | 2020-02-14 07:51 | Comments(4)

中学3年生のroboはアスペルガーですが、ギフテッドの特性もあると考えられます。将来の夢はロボットなどの機械を作ることです。roboとの暮らしの中にある喜びや発見を綴っていきたいと思います。


by robo223